×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

免疫のすごい防衛システム

免疫のすごい防衛システム

体内毒素は「すべて白血球が撃退する」
次に、免疫システムも、疲れと深く関わっていることについて、順をおって説明していきましょう。
免疫とは体の外から侵入してくる細菌、ウィルス、体内にないタンパク質など、外敵や異物から体を守る働きのことです。
また、体内で古くなり死んでしまった細胞や、がん細胞のように変異を起こした細胞を除去する役割も担っています。
この免疫を担う細胞が、血液中を流れる血球の中の、白血球と呼ばれる細胞です。
血液1立方ミリメートルあたり、4000〜7000個ほどふくまれており、おおまかには、顆粒球とリンパ球、そしてマクロファージの3種類あるといってよいでしょう。
顆粒球は主に大きなサイズの外敵から体を守る働きをしています。
真菌や細菌、死んでしまった自分の体の細胞を、食べるという形で処理をします。
顆粒球は、白血球の54〜60%を占め、血液1立方ミリメートルあたりに3600〜4000個ほど含まれます。
顆粒球の寿命は、体の細胞の中で最も短い2日程度で、1日に50%程度が新しいものと入れ替わっています。
このように寿命のサイクルが早いのは、侵入してくる外敵を迎え撃てるように、元気のある若い細胞を次々と補充するためです。
一方リンパ球は、通常は、白血球の約35〜41%を占め、数としては、血液1立方ミリメートル中に約1800〜2500個含まれます。
リンパ球は、食事などで体内に侵入してきた異物やウィルス等の、細菌よりずっと小さな敵を処理する役割を担っています。
また、体内の、老化した細胞、壊れた細胞、ウィルスに感染した細胞や、がん細胞などの細胞をマクロファージと協力して除去します。
リンパ球と顆粒球を合わせると、白血球の95%ほどになりますが、残りの5%がマクロファージです。
マクロファージは、顆粒球が食べるものより大きなサイズの外的を食べたり、体の老廃物を除去したり、顆粒球やリンパ球に「外敵が侵入したから、やっつけろ」と指示したりする働きを持っています。

 

「体力」と「白血球の総量」は正比例する
これらの白血球の数をコントロールしているのが、自律神経のシステムです。
白血球は、血液に乗って体を移動している細胞なので、以前は、自律神経の支配を受けにくいと言われてきました。
しかし、1996年、白血球も自律神経の支配下にあることがわかったのです。
これは、交感神経が体の細胞をコントロールするために端末から出るノルアドレナリンと、副交感神経が末端から出すアセチルコリンという2つの神経伝達物質によって引き起こされます。
顆粒球とリンパ球の細胞の表面には両方の神経伝達物質を受け取るレセプターがあり、顆粒球は、ノルアドレナリンを受けた時に活性化し、アセチルコリンを受けた時に抑制されると考えられます。
リンパ球はこの逆です。
このようにして 自律神経が、白血球の細胞構成の割合を決めているわけです。
これは人間の活動にとって非常に合理的なシステムです。
交感神経が優位になって体が活発に動くときは、体が傷つきやすくなり、細菌などの侵入も増えます。そのために、顆粒球の割合を増やして体を守っているのです。
逆に、交感神経が優位になって休息をしている時には、リンパ球がマクロファージと協力して、体内のおかしくなった細胞を除去します。
また、食事の時に体に入ってくる異物やウィルス等の細かい外敵には、顆粒球は対応できないため、リンパ球が活躍します。
体力と、白血球の総数は正比例しています。
活動量が多い人、体を鍛えている人は、筋肉量も多いため、血流が良くなり、体温も上昇します。すると、体を防衛するための白血球も多くなります。
通常は5000個前後ですが6000個前後と変化してきます。
この場合、白血球のうち数が増えるのは、主に顆粒球の方です、活動量が多いと交感神経が優位になり交感神経から出るノルアドレナリンによって顆粒球が活性化されるためです。ですから、白血球の総数に対する顆粒球の割合が通常よりも大きくなり、リンパ球の割合は小さくなります。

逆に、活動量が減って、副交感神経優位となり、筋肉の量なども減ってくると、白血球数も3000〜4000個と数が落ちます。この場合、リンパ球の割合が通常よりも多くなり、その分、顆粒球は減ります。
体を防衛する力は、体の活動量に比例しています。

 

「痛み・鎮痛の仕組み」より

 

福井整体 カイロプラクティック・コンフォート
住所
福井県福井市照手4-2-3
駐車場:4台有
詳しい所在地はこちら
tel:0776-76-7180

関連ページ

最強のアンチエイジングフード13種
最強のアンチエイジングフード13種
血液をサラサラに!
血液をサラサラに!
長寿の答えレスベラトロール
長寿の答えレスベラトロール
卵を食べよう!
卵を食べよう!
血液をサラサラにする食品
血液をサラサラにする食品
陰陽性質を学ぶ
陰陽性質を学ぶ
痛みを増強させる様々な因子
時期や環境も影響する
時期や環境も影響する
難治性の痛みに用いられる様々な治療法
時期や環境も影響する
様々な疾患に対する新しい治療法
様々な疾患に対する新しい治療法
必要に応じて行われるその他の治療法
必要に応じて行われるその他の治療法
頭痛
頭痛
顔の痛み
顔の痛み
顔の痛み2
顔の痛み2
舌咽神経痛
舌咽神経痛
顔面神経麻痺
顔面神経麻痺
顔面けいれん
顔面けいれん
帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛
帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛
帯状疱疹の治療2
帯状疱疹の治療2
首・肩・腕の痛み
首・肩・腕の痛み
〇腰椎捻挫
〇腰椎捻挫
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニア
坐骨神経痛
坐骨神経痛
関節の痛み
関節の痛み
末梢神経障害による痛み
末梢神経障害による痛み
末梢神経障害の治療法
末梢神経障害の治療法
慢性会陰部痛
慢性会陰部痛
外傷・病後・手術後の長引く痛み
外傷・病後・手術後の長引く痛み
がん性疼痛
がん性疼痛
がん性疼痛の治療法
がん性疼痛の治療法
肩こりは肩だけの症状ではない
肩こりは肩だけの症状ではない
肩こりの主な原因は疲労による筋肉痛
肩こりの主な原因は疲労による筋肉痛
肩こりと疲労性筋痛の違い
肩こりと疲労性筋痛の違い
肩こりのもう一つの原因、ジストニア
肩こりのもう一つの原因、ジストニア
頭頚部ジストニア
頭頚部ジストニア
肩こりと連動する頭痛
肩こりと連動する頭痛
今まで治らなかった本当のわけ
今まで治らなかった本当のわけ
頸部ジストニアは自己診断が可能である
頸部ジストニアは自己診断が可能である
頸部ジストニアは自己診断が可能である2
頸部ジストニアは自己診断が可能である2
頸部ジストニアは自己診断が可能である3
頸部ジストニアは自己診断が可能である3
日本型緊張性頭痛を治す飲み薬
日本型緊張性頭痛を治す飲み薬
画期的効果を示すボツリヌス菌
画期的効果を示すボツリヌス菌
肩こりから始まる頭痛―片頭痛
肩こりから始まる頭痛―片頭痛
肩こりから始まる頭痛―片頭痛2
肩こりから始まる頭痛―片頭痛2
肩こりが頭痛にかかわるのはどんな時か
肩こりが頭痛にかかわるのはどんな時か
肩や首筋のコリの持つ意味
肩や首筋のコリの持つ意味
トリプタンの問題点
トリプタンの問題点
自分でできる改善策はあるか
自分でできる改善策はあるか
肩こりが誘発する後頭部の一瞬の痛み―後頭神経痛
肩こりが誘発する後頭部の一瞬の痛み―後頭神経痛
何故肩こりが神経痛にかかわるのか
何故肩こりが神経痛にかかわるのか
肩こり対策も重要
肩こり対策も重要
むち打ち症
むち打ち症
最近話題になっている脳脊髄液減少症
最近話題になっている脳脊髄液減少症
パッチ手術の後遺症としての肩こりは
パッチ手術の後遺症としての肩こりは
肩こりと関わるめまい
肩こりと関わるめまい
肩こりがなぜめまいを起こすのか
肩こりがなぜめまいを起こすのか
〇めまいの新しい解釈
〇めまいの新しい解釈
めまいと血圧の関係
めまいと血圧の関係
首をまわしたときめまいが強まる場合もある
首をまわしたときめまいが強まる場合もある
〇血管の内圧を高める
首をまわしたときめまいが強まる場合もある
脳梗塞のめまいとの鑑別点
脳梗塞のめまいとの鑑別点
肩こりと関わるしびれ
肩こりと関わるしびれ
胸郭出口症候群で生じるしびれとは
胸郭出口症候群で生じるしびれとは
肩の圧迫で診断する方法
肩の圧迫で診断する方法
平均的な胸郭出口症候群とは
平均的な胸郭出口症候群とは
自分でできる改善策でよくならないとき
自分でできる改善策でよくならないとき
〇手術をする場合
〇手術をする場合
肩部の皮神経痛
肩部の皮神経痛
改善策は
改善策は
肩こりの症例集
肩こりの症例集
症例2 ひどい肩こりに右手のビリビリした痺れが出た
症例2 ひどい肩こりに右手のビリビリした痺れが出た
症例3 首すじの痛み、めまい、しびれが生じる
症例3 首すじの痛み、めまい、しびれが生じる
症例4 肩こりと頭痛で苦しむが、医師を変えても治らない
症例4 肩こりと頭痛で苦しむが、医師を変えても治らない
肩こりに似た症状
肩こりに似た症状
放散痛
放散痛
バレリュー症候群
バレリュー症候群
肩こりを治す
肩こりを治す
〇マッサージやストレッチが効かない肩こりもある。
〇マッサージやストレッチが効かない肩こりもある。
〇筋肉だけが肩こりに関係するのではない
〇筋肉だけが肩こりに関係するのではない
整体による治療
整体による治療
今後の治療と根本的背景
整体による治療
〇ジストニアに対するボツリヌス治療
〇ジストニアに対するボツリヌス治療
精神的側面からの考察
精神的側面からの考察
〇精神的なストレスから解放され肩も軽くなる
〇精神的なストレスから解放され肩も軽くなる
〇心理的な傾向と頭痛の関係
〇心理的な傾向と頭痛の関係
長生きなのに幸せそうじゃない日本人
長生きなのに幸せそうじゃない日本人
寝たきりが多いのは世話の焼きすぎ?
寝たきりが多いのは世話の焼きすぎ?
腰のトラブルが寝たきりリスクを高める
腰のトラブルが寝たきりリスクを高める
怖い〈腰→膝→股関節〉痛み連鎖
怖い〈腰→膝→股関節〉痛み連鎖
40歳を過ぎると腰痛リスクが一気に高まる。
40歳を過ぎると腰痛リスクが一気に高まる。
心の問題が腰痛の引き金になる
心の問題が腰痛の引き金になる
逃れられない「宿命の病」
逃れられない「宿命の病」
何故腰痛は我慢できないほど痛いのか
何故腰痛は我慢できないほど痛いのか
どこまで年齢に抵抗できるか
どこまで年齢に抵抗できるか
腰痛になりやすい人・なりにくい人
腰痛になりやすい人・なりにくい人
元の日常生活に少しでも早く戻れるよう気力をしっかり持つ
元の日常生活に少しでも早く戻れるよう気力をしっかり持つ
運動期間がダメになるロコモ症候群
運動期間がダメになるロコモ症候群
8割の腰痛のリスクは自己防衛で改善ができる
8割の腰痛のリスクは自己防衛で改善ができる
運動の習慣化が機能低下を防ぐ特効薬
運動の習慣化が機能低下を防ぐ特効薬
「立つ」「座る」「歩く」をしっかりトレーニング
「立つ」「座る」「歩く」をしっかりトレーニング
歩くときは踵とつま先で感触を確かめながら
歩くときは踵とつま先で感触を確かめながら
うつぶせで寝る人はできるだけ早い改善を
うつぶせで寝る人はできるだけ早い改善を
洗濯物を干すときはかごを椅子の上に置く
洗濯物を干すときはかごを椅子の上に置く
腰膝に負担をかける太りすぎにご注意
腰膝に負担をかける太りすぎにご注意
60代から増え始める「腰部脊柱管狭窄症」
60代から増え始める「腰部脊柱管狭窄症」
骨粗鬆症2
骨粗鬆症2
関節を支える筋肉を日ごろから鍛えよう
関節を支える筋肉を日ごろから鍛えよう
老化現象が原因で「腰痛症」は誰にでもできる
老化現象が原因で「腰痛症」は誰にでもできる
背骨の痛みが腰痛につながる「脊柱側弯症」
背骨の痛みが腰痛につながる「脊柱側弯症」
腰椎の一か所に異常が出る「腰椎不安定症」
腰椎の一か所に異常が出る「腰椎不安定症」
腫瘍が成長するに伴い、痛みやマヒが強くなる
腫瘍が成長するに伴い、痛みやマヒが強くなる
長時間痛みが持続するようなら医療機関へ
長時間痛みが持続するようなら医療機関へ
痛みの状態を的確に医者に伝えられるようにする
痛みの状態を的確に医者に伝えられるようにする
精密検査や手術は
精密検査や手術は
骨粗鬆症に効果的な新しい薬が登場 その効果は?
骨粗鬆症に効果的な新しい薬が登場 その効果は?
温めたり、腰をひっぱたりで気持ちいい治療
温めたり、腰をひっぱたりで気持ちいい治療
寝たきりにさせないため、手術を勧めることもある
寝たきりにさせないため、手術を勧めることもある
坐骨神経痛は病名ではなく、症状の総称
坐骨神経痛は病名ではなく、症状の総称
坐骨神経ってどんな神経
坐骨神経ってどんな神経
坐骨神経痛ってどんな痛み
坐骨神経痛ってどんな痛み
高齢者の坐骨神経痛は、腰部脊椎管狭窄が原因のことが多い
高齢者の坐骨神経痛は、腰部脊椎管狭窄が原因のことが多い
若い人の坐骨神経は、腰椎椎間板ヘルニアが原因のことが多い
若い人の坐骨神経は、腰椎椎間板ヘルニアが原因のことが多い
腰部脊柱管狭窄症と腰部椎間板ヘルニアが合併することもある
腰部脊柱管狭窄症と腰部椎間板ヘルニアが合併することもある
腰の張りや足のしびれ、傷みを感じるようになった時
腰部脊柱管狭窄症と腰部椎間板ヘルニアが合併することもある
すぐに病院に行かなければならない痛み
すぐに病院に行かなければならない痛み
診察を受ける病院、医師の選び方、探し方
診察を受ける病院、医師の選び方、探し方
坐骨神経痛の原因は主に3つに分類できる
坐骨神経痛の原因は主に3つに分類できる
坐骨神経痛を自己判断するチェック表
坐骨神経痛を自己判断するチェック表
坐骨神経痛のタイプ別・自己管理のポイント
坐骨神経痛のタイプ別・自己管理のポイント
狭窄型坐骨神経痛を自己管理する
狭窄型坐骨神経痛を自己管理する
ヘルニア型坐骨神経痛を自己管理する
ヘルニア型坐骨神経痛を自己管理する
合併型坐骨神経痛の時
合併型坐骨神経痛の時
背骨の状態、動き具合、痛みの程度を調べる
背骨の状態、動き具合、痛みの程度を調べる
坐骨神経痛の原因を調べる検査
坐骨神経痛の原因を調べる検査
坐骨神経痛とインフォームドコンセント
坐骨神経痛とインフォームドコンセント
腰部脊柱管狭窄症の症状
腰部脊柱管狭窄症の症状
腰部脊柱管狭窄症の画像診断での特徴
腰部脊柱管狭窄症の画像診断での特徴
狭窄型坐骨神経痛の治療
狭窄型坐骨神経痛の治療
手術は最後の手段
手術は最後の手段
理学療法
理学療法
手術が行われるとき
手術が行われるとき
内視鏡下部分椎弓切除手術
内視鏡下部分椎弓切除手術
肩こりは「消炎鎮痛剤」では治らない
肩こりは「消炎鎮痛剤」では治らない
痛みは「冷やさない、温める」
痛みは「冷やさない、温める」
花粉症の原因は「ほとんどストレス」?
花粉症の原因は「ほとんどストレス」?
「冷え性」を今すぐ撃退する法2
「冷え性」を今すぐ撃退する法2
「更年期障害」を今すぐ撃退する
「更年期障害」を今すぐ撃退する
「子供のアレルギー」を今すぐ撃退する方法
「子供のアレルギー」を今すぐ撃退する方法
メタボリック症候群を今すぐ撃退する方法
メタボリック症候群を今すぐ撃退する方法
「体のムズムズ」を今すぐ撃退する法
「体のムズムズ」を今すぐ撃退する法
疲れをためない習慣とは
疲れをためない習慣とは
「いつも目がスッキリする」習慣とは
「いつも目がスッキリする」習慣とは
「自律神経を整える」習慣とは?
「自律神経を整える」習慣とは?
「免疫力を高める」簡単体操
「免疫力を高める」簡単体操
目の疲れが一瞬で取れる「目回し体操」
目の疲れが一瞬で取れる「目回し体操」
新しい生き方@「週に1日は提示に帰る」
新しい生き方@「週に1日は提示に帰る」
新しい生き方2「いつもより30分早く寝る」
新しい生き方2「いつもより30分早く寝る」
疲れない体を作る食べ方・食べ物
疲れない体を作る食べ方・食べ物
生姜は「体を温める特効薬」
生姜は「体を温める特効薬」
百薬の長「酒との上手なつきあいかた」
百薬の長「酒との上手なつきあいかた」
長寿の睡眠・短命の睡眠
長寿の睡眠・短命の睡眠
寝付きがいい睡眠悪い睡眠
寝付きがいい睡眠悪い睡眠
疲れが取れる睡眠・取れない睡眠
疲れが取れる睡眠・取れない睡眠
深くぐっすり眠れる入浴法
深くぐっすり眠れる入浴法
将来「痛い!」とならない予防トレーニング
将来「痛い!」とならない予防トレーニング
「朝スッキリと起きる」方法
「朝スッキリと起きる」方法
寝る前の「40秒間呼吸法」で朝までぐっすり
寝る前の「40秒間呼吸法」で朝までぐっすり
「土日に気軽に休めるのがいい」
「土日に気軽に休めるのがいい」
40歳を過ぎたら「寝溜め」してはならない
40歳を過ぎたら「寝溜め」してはならない
笑いに勝る「体温上昇法」はない
笑いに勝る「体温上昇法」はない
海藻で「腸をまるごと洗浄」する
海藻で「腸をまるごと洗浄」する
免疫体質を作る週末時間
免疫体質を作る週末時間
たまにはからだに悪いことをやってみる
たまにはからだに悪いことをやってみる
「攻撃的な体力」「防御的な体力」を使い分ける
「攻撃的な体力」「防御的な体力」を使い分ける
エネルギー代謝システムを利用しよう
エネルギー代謝システムを利用しよう
血流のいい人は疲れない 太らない
血流のいい人は疲れない 太らない
「体力」と「白血球の総量」は正比例する2
「体力」と「白血球の総量」は正比例する2
大自然のリズムに合わせて生きる
大自然のリズムに合わせて生きる
自律神経「1日のリズムを考える」
自律神経「1日のリズムを考える」
凛とした日本の女性像
凛とした日本の女性像
足を開いて座る女性が増えている
足を開いて座る女性が増えている
筋肉に力を入れないエクササイズ
筋肉に力を入れないエクササイズ
美しい働きのためのエクササイズ
美しい働きのためのエクササイズ
筋肉が良くなると脳の緊張も解ける
筋肉が良くなると脳の緊張も解ける
骨盤の働きを知っていますか?
骨盤の働きを知っていますか?
骨盤がねじれるということ
骨盤がねじれるということ
骨盤に左右差が生まれる
骨盤に左右差が生まれる
生理周期で骨盤が変わる
生理周期で骨盤が変わる
骨盤底筋群の働く仕組み
骨盤底筋群の働く仕組み
お腹の中身は何?
お腹の中身は何?
骨盤の形に翻弄される筋肉
骨盤の形に翻弄される筋肉
骨盤と呼吸の関係
骨盤と呼吸の関係
正しい腹筋
正しい腹筋
眠りの質も骨盤次第
眠りの質も骨盤次第
月経血はコントロールできる
月経血はコントロールできる
お風呂は骨盤改善タイム
お風呂は骨盤改善タイム
生理周期で骨盤が開閉する
生理周期で骨盤が開閉する
くしゃみが怖い
くしゃみが怖い
肩こりも実は骨盤に原因が
肩こりも実は骨盤に原因が
冷えも骨盤から改善
冷えも骨盤から改善
浮腫の改善も骨盤から
浮腫の改善も骨盤から
足のむくみ
足のむくみ
腰の下の痛み
腰の下の痛み
腰の奥が痛い
腰の奥が痛い
ポッコリお腹の理由
ポッコリお腹の理由
ヒップアップは骨盤を正しい位置に
ヒップアップは骨盤を正しい位置に
O脚も骨盤に原因があった
O脚も骨盤に原因があった
足の長さも骨盤で決まる
足の長さも骨盤で決まる
猫背も骨盤の位置で改善
猫背も骨盤の位置で改善
いつまでも「若い人」、いつのまにか「老ける人」の差
いつまでも「若い人」、いつのまにか「老ける人」の差
いくつになっても「若さを感じる人」の習慣
いくつになっても「若さを感じる人」の習慣
「歳をとっても太らない」仕組み
「歳をとっても太らない」仕組み
隠れ肥満ーいつのまにか「みるみる太る人」
隠れ肥満ーいつのまにか「みるみる太る人」
あなたのお腹に「ハンバーグ二〇個分の脂肪」?
あなたのお腹に「ハンバーグ二〇個分の脂肪」?
「老化」を止める法ーまず「酸化/糖化/ホルモン変化」を防ぐ
「老化」を止める法ーまず「酸化/糖化/ホルモン変化」を防ぐ
体の「錆び止めをする」簡単なコツ
体の「錆び止めをする」簡単なコツ
意外に知られていない「若返り食材・ニンジン」の効能
意外に知られていない「若返り食材・ニンジン」の効能
食べても食べても「太らない食べ方」
食べても食べても「太らない食べ方」
ストレスで男性ホルモンが減る―肥満の一大要因
ストレスで男性ホルモンが減る―肥満の一大要因
若返りホルモン「DHEA」が増えると、健康になる!
若返りホルモン「DHEA」が増えると、健康になる!
できるだけ夜の11時に寝る―「明日の自分」を元気にする習慣
できるだけ夜の11時に寝る―「明日の自分」を元気にする習慣
すぐ効く!太らない「歩き方」「体の動かし方」
すぐ効く!太らない「歩き方」「体の動かし方」
理想は「一分間・一二〇メートルの速さ」
理想は「一分間・一二〇メートルの速さ」
太らない体をつくる「歩き方」九つのコツ
太らない体をつくる「歩き方」九つのコツ
効果バツグン!「駅の階段」健康法
効果バツグン!「駅の階段」健康法
一日三回、一〇分ずつ」歩けばいい!
一日三回、一〇分ずつ」歩けばいい!
ふっといるひとほど「座っている時間が長い」
ふっといるひとほど「座っている時間が長い」
筋肉の名前は「四つだけ覚える」
筋肉の名前は「四つだけ覚える」
太っている人でもできる「世界一簡単な筋トレ」
太っている人でもできる「世界一簡単な筋トレ」
自分とは思えないほど「やわらかい体」ー寝る前ストレッチ
自分とは思えないほど「やわらかい体」ー寝る前ストレッチ
体の中の「太るゴミ」の正しい出し方
体の中の「太るゴミ」の正しい出し方
マイルド断食ーあなたの体の「排泄機能」が一気に高まる!
マイルド断食ーあなたの体の「排泄機能」が一気に高まる!
体内から「有害金属」をドッサリ排出する!
体内から「有害金属」をドッサリ排出する!
「太らない体」は「長生きする体」ー長寿遺伝子の働き
「太らない体」は「長生きする体」ー長寿遺伝子の働き
「腹八分目の食事で大満足できる」コツ
「腹八分目の食事で大満足できる」コツ
GI値ー「太る食事」「太らない食事」を見分ける!
GI値ー「太る食事」「太らない食事」を見分ける!
「まずは野菜を食べる」が太らない食べ方
「まずは野菜を食べる」が太らない食べ方
とにかく、よく噛む―「太らない体」をつくる一番簡単な法
とにかく、よく噛む―「太らない体」をつくる一番簡単な法
午前中は「食べる」ことより「出す」ことに気をつける
午前中は「食べる」ことより「出す」ことに気をつける
レインボーフードー太らない人の「上手な野菜の食べ方」
レインボーフードー太らない人の「上手な野菜の食べ方」
「ワカメの味噌汁」…体がスッキリする簡単メニュー
「ワカメの味噌汁」…体がスッキリする簡単メニュー
「一日一個の卵」がなぜ、こんなにも体に効くか
「一日一個の卵」がなぜ、こんなにも体に効くか
「太らない油・オリーブオイル」のすごいパワー
「太らない油・オリーブオイル」のすごいパワー
「白米・食パン・白砂糖」が太るもとだった!
「白米・食パン・白砂糖」が太るもとだった!
「よく寝る人ほど太らない」不思議メカニズム
「よく寝る人ほど太らない」不思議メカニズム
「午前一時過ぎに寝る中高年」は幸せになれない?
「午前一時過ぎに寝る中高年」は幸せになれない?
「快眠+若返りの食材・レバー」を食べよう
「快眠+若返りの食材・レバー」を食べよう
「寝る時間を決める」と眠りがグンと深くなる!
「寝る時間を決める」と眠りがグンと深くなる!
太らない体をつくる「頭のいい週末睡眠法」
太らない体をつくる「頭のいい週末睡眠法」
寝る前の一〇分で「ストレスをゼロにする」!
寝る前の一〇分で「ストレスをゼロにする」!
若返りホルモン「DHEA」はサプリでもとれる!
若返りホルモン「DHEA」はサプリでもとれる!
危ない食品―あなたにサプリが必要な理由
危ない食品―あなたにサプリが必要な理由
四〇代の必須サプリ「マルチビタミン」「マルチミネラル」とは?
四〇代の必須サプリ「マルチビタミン」「マルチミネラル」とは?
「最近、歳だな」と思ったら「コエンザイムQ10」
「最近、歳だな」と思ったら「コエンザイムQ10」
「酢豚にパイナップルを入れる」医学的な理由
「酢豚にパイナップルを入れる」医学的な理由
「太らない」だけでなく「臭わない」体も実現!
「太らない」だけでなく「臭わない」体も実現!
不老長寿のホルモン「メラトニン」を使いこなす
不老長寿のホルモン「メラトニン」を使いこなす
ビタミンを超えたビタミン―「ビタミンD」の威力
ビタミンを超えたビタミン―「ビタミンD」の威力
「血管の汚れ」をスッキリ取る方法
「血管の汚れ」をスッキリ取る方法
ビタミンB群で「何歳になっても太らない体」!
ビタミンB群で「何歳になっても太らない体」!
温めたり、腰をひっぱたりで気持ちいい治療(コピー)
温めたり、腰をひっぱたりで気持ちいい治療(コピー)